診療科のご紹介

久我山病院診療科のご紹介 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、中耳炎・難聴・めまいといった耳疾患、アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・鼻出血などの鼻疾患、咽喉頭・頚部疾患などの外来診療を 行なっております。特に、めまいの原因は末梢性(内耳)である症例も多く、神経耳科的精査が必要になります。 そして耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍はなかなか早期発見がむずかしいものもあるため、当院ではCT検査やMRI検査などの画像診断にて診断してお ります。また、嚥下障害に対する専門外来、補聴器に対する専門外来、スギ舌下免疫 療法の専門外来を設けて精査加療しております。

診療内容

  • 耳鼻咽喉科、頭頸部疾患全般の精査および治療
  • めまい、顔面神経麻痺、突発性難聴の神経耳科的精査および治療
  • 音声障害精査および治療

実施検査・手術症例件数など

  • 検査: 純音聴力検査、チンパノメトリー、アブミ骨筋反射、 重心動揺検査、耳・鼻XP、鼻咽腔・喉頭ファイバー、ABR、CT、MRI、エコー
  • 手術(外来小手術): 鼓膜チューブ、鼻粘膜焼灼術(トリクロル酢酸、バイポーラ)、上顎洞穿刺、鼻茸摘出術、鼻骨骨折整復術、唾石摘出術(口内法)、扁桃周囲膿瘍切開排膿、耳・鼻・咽喉頭異物除去術、顔面外傷縫合術、鼻甲介切除術、扁桃腺摘出術、アデノイド切除術

特色

多様な疾患に対して、画像を含めた精査を行い、診断し、積極的な治療を行っています。

  • 高度難聴: 精査の後、補聴器装着訓練や身障者認定申請を行います。
  • 突発性難聴、めまい、顔面神経麻痺: ABR、MRI等を行い原因精査とともに、必要な症例に対してはステロイド点滴治療等を行います。
  • 中耳炎(急性反復性、滲出性): 難治例に対しては積極的に鼓膜切開、チューブ留置を行います。
  • アレルギー性鼻炎: RASTによる抗原検査とともに、鼻閉が強い例に対しては硝酸銀やトリクロル酢酸による下甲介粘膜塗布を行い、有効な結果を得ています。
    スギエキス舌下免疫療法も開始いたしました。
  • 副鼻腔炎: 急性例に対しては、上顎洞穿刺や点滴も行っています。
  • 扁桃腺、扁桃周囲膿瘍: 食事摂取不良例には点滴及び膿瘍切開等行っています。

耳鼻咽喉科 常勤医師

宮地 麻美子(みやじ まみこ)

昭和63年 東邦大学卒
専門領域:耳鼻咽喉科一般、めまい、音声障害
資格:日本耳鼻咽喉科専門医、補聴器適合医、身障者認定医

紹介医療機関の先生方へ

当院は現在、局麻手術及び全麻での扁桃摘出術、アデノイド切除術、鼓膜チューブ留 置術等を行っております。また、扁桃周囲膿瘍等で食事が困難な場合、めまい、顔面 神経麻痺、突発性難聴など入院を必要とする場合もご連絡ください。

お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ