診療科のご紹介

久我山病院診療科のご紹介 > 救急診療科

救急診療科

久我山病院は、地域の中核・密着型の病院として、地域住民に信頼され、健康について安心して暮らせるための病院作りに努力して参りました。超高齢化社会に入り、特に救急疾患への対応が課題となっています。また、東京都内では年々救急搬送は増加していますが、救急病院が救急車を受け入れるまでの時間は長くなったままです。
当院では『救急診療科』を開設し、このような地域のニーズに対し、積極的に取り組んでいます。

診療内容

救急疾患は色々な症状を伴う場合があり、診療科の選定が難しく、複数の診療科で対応する例も少なくありません。中には突然重篤な状態へと変化する場合や、緊急を要する事もあります。久我山病院では、救急診療科として専属医師2名を配置。救急車で搬送される救急患者を中心にトリアージ・初療を行い、疾病の緊急性の判断を迅速に行います。

特色

当院では救急疾患・総合診療に対応できる経験豊富な医師により、初療を実施致します。
急性期疾患で生じる多彩な症状の緩和、診断に必要な緊急検査を迅速に開始致します。
入院治療や専門治療が必要な場合、久我山病院が標榜するそれぞれの診療科に引き継ぎ、専門性が高く特殊治療が必要な場合は、関連医療機関に転院(紹介)致します。

日本循環器学会 関東甲信越支部 AHA BLSヘルスプロバイダーコース

久我山病院では、医療に従事している方、医学教育に係っている方、医歯薬学生、看護学生などを対象に、BLSコースを定期的に開催しています。

詳しくは、下記の学会ホームページをご覧下さい。
http://acls-jcs.org/status

また、当院では現在救急救命士の採用募集をおこなっています。  
詳しくはこちらをごらんください。

救急診療科 常勤医師

高山 英男(たかやま ひでお)

循環器内科長
平成5年日本医科大学卒、医学博士
専門領域:内科一般、循環器内科、救急診療科
資格:日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医、日本消化器病学会専門医、
   日本医師会認定産業医、 日本内科学会ICLSインストラクター

小松 研郎(こまつ けんろう)

岩手医科大学医学部卒
専門領域:整形外科一般、外傷
資格:日本整形外科学会専門医、JATECインストラクター取得、
   日本整形外科学会認定リハビリテーション医、日本体育協会認定スポーツ医、
   日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本救急医学会専門医

 

地域の救急医療体制の強化を目指して

久我山病院は世田谷区の北端にあり、杉並区に接しています。

東京都23区の二次救急告示医療機関
  • 東京都23区の人口は約9,000,000人で二次救急病院は234施設(人口約38,000人に一施設)
  • 世田谷区の人口は約860,000人で二次救急病院は14施設(人口約61,000人に一施設)
  • 杉並区の人口は約540,000人で二次救急病院は8施設(人口約77,000人に一施設)
    (平成26年4月現在 東京都ホームページより引用)

東京都23区内と比較しても、世田谷区・杉並区の救急医療体制は十分ではなく、地域の救急体制の強化が急務です。久我山病院救急診療科は、これらの課題に積極的に取り組んでいます。

お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ