診療科のご紹介

久我山病院診療科のご紹介 > 脊椎外科センター

脊椎外科センター

 当院整形外科では、この数年来脊椎脊髄外科手術が増加しています。これも高齢者社会の中、脊椎疾患に罹られても少しでも元気な状態で生活したいと(自力で歩き、家族に迷惑をかけない)あえて手術に挑戦される患者さんがふえています、

 そこで、整形外科では脊椎担当医の増員もあり平成28年4月から「脊椎外科センター」を立ち上げました。専門医を毎日の外来に配置致し、スピーディーかつ安全・適切な治療を提供しております。上下肢の痺れ・麻痺や間欠跛行(歩行などで下肢に負荷をかけると、次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再び運動が可能となること)などの気になる症状がありましたらぜひご相談下さい。

脊椎外科センター担当医

竹内 拓海(たけうち たくみ)

脊椎外科センター長
杏林大学医学部卒業、医学博士
専門領域:脊椎・脊髄疾患、外傷
資格:日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医

里見 和彦(さとみ かずひこ)

院長
慶応義塾大学医学部卒業、杏林大学医学部前主任教授
日本整形外科学会元副理事長、医学博士
専門領域:脊椎・脊髄疾患、脊髄誘発電位
資格:日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄外科名誉指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

斯波 卓哉(しば たくや)

整形外科医長
杏林大学医学部卒業、医学博士
専門領域:関節外科、脊椎・脊髄外科、外傷
資格:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医

対象疾患

  • 頚椎疾患
    頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症、頚椎症性筋萎縮症など
  • 腰椎疾患
    腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離(すべり)、腰椎変性すべり症、腰椎椎間孔狭窄、腰椎変性側弯症など
  • 胸椎疾患
    胸椎後縦靭帯骨化症、胸椎黄色靭帯骨化症、骨粗鬆症性椎体骨折など
  • その他
    脊椎破裂骨折、脊椎脱臼骨折、化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎、原発性脊椎腫瘍、転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、特発性側弯症、脊椎変性後側弯症など

久我山病院で施行している主な術式

腰椎椎間板ヘルニアの手術
  • LOVE法
    LOVE法は椎間板ヘルニアの最もよく行われる代表的な手術の方法です。背中側からアプローチし椎弓についている筋肉をはがすようにしてよけます。椎弓を最小限に削り、神経根を傷つけないようによけながらヘルニアの切除をします。1椎間約4~5cmの傷で手術時間は約30分です。術後1~2日でコルセットを装着して歩行可能となり、1週間~10日で退院できます。
腰部脊柱管狭窄症の手術
  • 棘突起縦割式椎弓切除術  
    棘突起(椎骨のうしろのほう(背中側)に出っ張った部分)を縦に割り左右に広げて神経を除圧します。また従来の椎弓切除術よりも背骨の周囲の筋肉を剥がすことなく手術ができるので術後の痛みが早く回復します。久我山病院では1椎間約4~5cmの傷で手術時間は約3~40分程度で終了します。手術後1~2日目からは歩行可能となり、入院期間は約7日~14日です。
腰椎すべり症の手術
  • 腰椎椎体間固定術(PLIF)
    この手術は、腰部脊柱管狭窄症等によって圧迫された脊髄の除圧および腰椎変性すべり症等による不安定腰椎に対する固定、また変性側弯症・後弯症の矯正等を目的とした手術です。まず腰の後方を縦に切開し、神経を圧迫している骨・靭帯を切除します。スクリューを椎体に刺入、変性した椎間板を廓清しスペーサー(ケージ)を打ち込み、側弯・後弯のある場合は矯正して固定します。脊髄の圧迫が取り除かれ、脊椎の安定性が獲得されます。腰椎後側方固定と組み合わせた手術を実施する事もあります。
  • 腰椎椎体間固定術腰椎側方椎体間固定術(XLIF)  
    XLIFの最大の利点は神経を直接触らないで神経を圧迫から解除する事にあります。一般的な椎間固定術は背中からアプローチしますが、この術式だと神経や筋肉を傷つけてしまうことがあるため術後の負担が大きくなってしまします。それに対してXLIFは身体の側方からアプローチします。切開部は約4cmですみ、早期社会復帰が可能です。この手術も高度な技術を要しますが久我山病院では十分なトレーニングを積み、ライセンスを取得した専門医が担当しております。

骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折の手術

  • 経皮的椎体形成術(BKP)
    BKPは脊椎圧迫骨折の新しい低位侵襲手術です。背中の左右から細い針を骨折椎体に挿入します。その針を介して風船(Balloon)を骨折椎体内に設置し、風船を膨らませ椎体を復元します。その後風船を取り出し、空いたスペースにセメントを注入します。セメントは手術中にほぼ硬化します。手術直後から劇的に痛みが改善するのが特長です。しかし急性期の圧迫骨折や背骨が大きくつぶれて扁平化してしまっている場合、神経を圧迫している場合は施行できないという欠点があります。また術後も骨粗鬆症の治療を継続していく必要もあります。当院では術後翌日から歩行を許可しています。

  • 経皮椎弓根スクリュー固定(PPS)
    PPS+椎体形成(椎体置換)

    経皮的に小切開で椎弓根スクリューを挿入します。背中の筋肉を大きく剥がすことなくできるので、患者さんへの負担や術後の背部痛の軽減が望めます。
    また、復元困難な椎体については椎体置換を併用します。破壊された椎体とその上下の椎間板を切除し、摘出後にできた空間に人工骨等を移植します。患者様の年齢、既往等を考慮し選択します。

頚椎椎間板ヘルニアの手術

  • 前方除圧固定術
    首の前から頸動脈や食道・気管をよけて展開し、神経を圧迫している骨棘や椎間板を前方から部分切除し、自家腸骨や人工骨を挿入し、プレートで固定します。術後1~2日で歩行できます。

頚椎症性脊髄症の手術

  • 片開き式椎弓形成術(ELAP)
    首の後方から展開し、椎弓(神経の後方の骨)の片側をヒンジとしてドアをあけるように開き、人工骨のスペーサーで、再閉鎖を防ぎます。手術時間は約1~2時間程度です。術後、基本的には頚椎カラーは不要ですが状況によって使用していただくこともあります。術後1~2日目には歩行可能となり、約7日~14日で退院となります。

手術件数

脊椎手術
術式 2014年 2015年 2016年
椎間板摘出術2.後方摘出術 27 10 17
脊椎固定術1.前方椎体固定 7 1 1
脊椎固定術2.後方又は後側方固定 0 14 5
脊髄腫瘍摘出術1.図以外のもの 0 0 1
脊椎固定術3.後方椎体固定 2 10 16
椎弓切除術 15 23 29
椎弓形成術 8 5 2
ヘルニア手術7.腰ヘルニア 0 0 1
合計 57 53 72

紹介医療機関の先生方へ

BKP・XLIF施術のライセンスを取得したため、当院自前で手術できるようになりました。これにより、より低侵襲手術を患者様に提供出来るようになりました。

お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ