慢性呼吸不全の在宅酸素療法

久我山病院 > 慢性呼吸不全の在宅酸素療法

慢性呼吸不全とは

肺の病気が進行すると・・・

慢性呼吸不全肺の病気が進行すると、本来の働きである体内に酸素を取り入れる機能が低下し血液中の酸素濃度が低下する低酸素血症となります。そのような状態を呼吸不全といいます。このような呼吸不全が1カ月以上続く状態を慢性呼吸不全といいます。慢性呼吸不全により患者さんは日常生活において様々な制限が生じてきます。現在日本では、禁煙が叫ばれ始めていますが、残念ながら慢性呼吸不全の患者さんは増加の一途をたどっています。
久我山病院では、各専門職がチームを組んで、症状や重症度に応じた治療や支援を行う体制を整えています。

 

久我山呼吸器サポートチームによる患者様の支援

久我山病院の在宅酸素療法

 

慢性呼吸不全の治療戦略

久我山病院では下記のように病状に合わせてフォローします。

フォローのステップ

 

 

久我山病院の呼吸療法サポートチーム

各分野のエキスパート達が治療をサポートします。

 

慢性呼吸不全

 

 

久我山病院の在宅酸素療法
久我山病院の医療チームがフォローする在宅酸素療法(HOT:Home Oxygen Therapy)をご紹介します。
お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ