ニュース

久我山病院ニュース > 久我山病院外来化学療法について

2020.12.09 久我山病院外来化学療法について

医療関係者さまへ

 

外来化学療法室の診療について

 外来化学療法室では、抗がん薬治療や⽣物学的製剤の治療に精通した医師、看護師、薬剤師、管理栄養⼠、ソーシャルワーカーによるチーム医療で、患者さまの⽣活と治療の両⽴⽀援に取り組んでいます。202010⽉、4台のリクライニングチェアやアーム付きTVを設置し、ゆったりとした時間を過ごしながら治療が受けられるよう外来化学療法室を一新しました。

 当院での化学療法は化学療法前に、血液検査や患者さまの体調に変化はないか、⽇常⽣活で⼼配なことはないかなどの問診を行い、その後に医師の診察を受ける体制をとっております。また、ご希望があれば、管理栄養⼠による栄養相談や⾷事指導を受けることも可能です。

 医学の進歩に伴い、従来型の抗癌剤に加え、分⼦標的薬や免疫チェックポイント阻害薬など取り扱いに注意を要する薬剤も開発され、その副作⽤も多岐にわたっています。当院では副作⽤に関する正しい情報の提供や⽇常⽣活指導、⾃宅で何かあった際の電話対応もおこなっています。

 

***久我山病院外来がん化学療法レジメンをご覧いただく前に***

 久我山病院外来がん化学療法レジメンは、久我山病院の外来化学療法委員会で審査・承認されたレジメンについて、その内容を地域の保険医療機関及び保険薬局などが利用するために公開するもので、患者・一般の方への情報提供を目的としたものではありません。本資料は、久我山病院でがん治療を受ける患者さんの適正な投与管理を目的として提供されるものであり、その他の目的での用途は想定しておりません。投与量、投与スケジュールは、患者さまの状態によって変更される場合があります。また、使用薬剤については事前連絡なく後発品へ変更する場合もありますのでご了承くださいなお公開内容は適宜更新を行っておりますので、ご利用時はご留意ください。

 

久我山病院レジメン.pdf

 

 

保険調剤薬局の皆様へ

 

連携充実加算、特定薬剤管理指導加算2の算定に係る報告についてのお知らせ

 平素より、当院発⾏の院外処⽅せんに応需いただき、ありがとうございます。当院は患者さまに対する質の高い医療を提供する観点から保険調剤薬局との連携を強化し、現在算定している「外来化学療法加算1」に加えて近日「連携充実加算」を算定する準備を行なっております。算定を実施した患者さまへの治療の情報などを共有することを目的に化学療法情報提供書(別紙久我山化学療法情報提供書)をお渡しします。特定薬剤指導管理加算2の算定の有無に関わらず、患者さまからの文書の提示があり、調剤後に電話などで服薬状況や副作⽤の有無を確認いただいた場合は下記【特定薬剤管理指導加算2】服薬情報提供書(トレーシングレポート外来化学療法トレーシングレポート)に内容を記載の上、薬剤部宛にFAXにて送付していただきますようご協力お願いします。緊急性があると判断される場合には患者様から当院へ電話相談していただくようご案内ください。

 送付先F A X(薬剤部行):0333093377


【特定薬剤管理指導加算2】服薬情報提供書(外来化学療法トレーシングレポート第2版

 

*トレーシングレポートとは

患者さんからの聞き取り情報など、即時性の低い情報について処⽅医へフィードバックするレポートで、。保険調剤薬局で「即時性は低いものの処⽅医師へ情報提供したほうが望ましい」と判断された内容をトレーシングレポートでご報告いただき、処⽅医師へ情報伝達し、情報の共有化します(トレーシングレポートによる情報提供は疑義紹介ではありません)

 

外来化学療法・連携充実加算に関する研修会

 当院では定期的にがん化学療法に関する研修会を開催していく予定です(注:新型コロナウイルス感染症の影響で予定が変更となる可能性もあります)。

  

◎お問い合わせ

レジメン内容、化学療法情報提供書、トレーシングレポートなどに関するご質問は久我山病院薬剤部までご連絡ください。

              TEL(代表)03-3309-1111

              F A X(薬剤部行):0333093377

              対応可能時間 平日9:00−17:00

お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ