診療科のご紹介

久我山病院診療科のご紹介 > 整形外科

内科

一般診療においては、腰痛・50肩・変形性膝関節症・肩こり・スポーツ障害などのよくみられる症状に対しては、リハビリセンターと連携し痛みを速やかに軽減するように取り組んでいます。外傷の創処置には、従来よりも痛みの少ない湿潤療法をとりいれています。

診療内容

  • 骨折手術:最新のAO法を中心としたプレート固定、髄内固定、創外固定などを用いた小侵襲手術、人工骨頭など
  • 鏡視下手術:膝関節の前十字靭帯再建術・半月板処置、肩関節の腱板縫合術・形成術
  • 人工股関節置換術、人工膝関節置換術
  • 脊椎・脊髄手術:ヘルニア手術、椎弓形成術など
  • 手の腱鞘切開、手根管・肘部管開放術
  • 糖尿病性壊疽など

実施検査・手術症例件数など

MRI、3次元CT、血管造影、高圧酸素療法、超音波装置、骨塩定量測定(DEXA)、 神経伝導速度測定、関節鏡検査、手術用顕微鏡、超音波骨折治療器など

特色

早期復帰のための最小侵襲の適切な手術および十分なインフォームドコンセントを行い、各疾患別クリニカルパスに沿ってチーム医療を行っています。
リハビリテーションは入院時から早期に行っており、特にリハビリテーション施設は東京の救急病院併設としては他に類がないような600㎡以上の広さを持ち、充実した運動機器を用いながら、筋力強化を始め、転倒再予防のバランス訓練や歩行訓練、靴の指導、足底板療法を行っています。スポーツ障害に対しては早期復帰と再発防止の指導訓練を行っています。紹介患者さんは優先的に診察しており、逆紹介をはじめとして積極的な地域医療連携(ネットワークを用いた情報の共有化等)を行っています。

整形外科 常勤医師

里見 和彦(さとみ かずひこ)

院長
慶応義塾大学医学部卒業、杏林大学医学部前主任教授
日本整形外科学会元副理事長、医学博士
専門領域:脊椎・脊髄疾患、脊髄誘発電位
資格:日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄外科名誉指導医、日本整形外科学会認定スポーツ医
   リウマチ医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

斯波 卓哉(しば たくや)

整形外科医長
杏林大学医学部卒業、医学博士
専門領域:関節外科、脊椎・脊髄外科、外傷
資格:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医

竹内 拓海(たけうち たくみ)

杏林大学医学部卒業
専門領域:脊椎・脊髄疾患、外傷
資格:日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医

小松 研郎(こまつ けんろう)

岩手医科大学医学部卒
専門領域:整形外科一般、外傷
資格:日本整形外科学会専門医、JATECインストラクター取得、
   日本整形外科学会認定リハビリテーション医、日本体育協会認定スポーツ医、
   日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本救急医学会専門医

紹介医療機関の先生方へ

スポーツ外傷、変形性関節症、脊椎疾患を対象とした専門外来を行っており、膝関節の鏡視下靭帯再建術や肩関節の鏡視下形成術、人工関節手術、脊椎手術をリハビリ等クリニカルパスを導入してなるべく受傷前に近い状態で退院できるようにチーム医療を行っています。
外傷(骨折など)に対しては低侵襲で確実な手術手技を心がけています。(当科では人工骨頭挿入術は皮切8cm以下で行い,出血200ml以下、時間40分以内を目標としています。)
創傷処置は消毒液を用いずに流水での洗浄をおこない、湿潤療法を基本とした処置を行うようにしています。痛みが少ないこと、創部がきれいに早く治るなどの利点があります。また難治性の潰瘍や熱傷などに対してもその有効性が確認できています。

お役立ち情報
苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査
チームで守る慢性呼吸不全
循環器内科の治療について
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
その骨折、早く治しましょう

井の頭線「久我山駅」京王線「千歳烏山駅」にある久我山病院は、社会福祉法人康和会の運営する総合病院です。

このページの先頭へ