TEL
MENU
キービジュアルの画像 キービジュアルの画像

ブログ

妊娠と運動について Let's Think!

妊娠ライフ楽しんでいますか?

コロナ禍、外出もままならず家でじっとしている事が多くないですか?

不快症状が多くなっている今だからこそ、妊娠中の運動について考えてみましょう!!

妊娠中の運動には、身体の維持、精神面の安定、骨量減少の抑制、乳汁分泌促進などの効果が期待できます。

運動による、身体活動量の増加が体重コントロールや分娩の進行の助けになると言われています。

特にウォーキングは骨盤が調整され安産(器械分娩、遷延分娩のリスクが下がる)につながります。

※「器械分娩」は吸引分娩や鉗子分娩をさします。「遷延分娩」とは、初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上かかっても生まれないことをいいます


身体活動とは何??

身体活動とは安静にしている状態よりも多くのエネルギーを消費する、すべての動作を指します。
生活活動である労働・家事・通勤も含みます。

運動とは体力の維持向上を目的とした計画的、継続的に実施される身体活動で、
スポーツ、趣味、レジャー活動の身体活動が含まれます。

妊娠中は全身運動で楽しく長続きするものがいいですね!
水泳、エアロビクス、ウォーキング、ヨガなどいかがでしょうか?

お勧めの運動頻度を紹介します!

3~4回

15分~30分

運動に
最適な週数

妊娠13週以降から始めるのが最適

お勧めの
運動

ウォームアップ、クールダウンも加えながら、大きな筋肉群を使用するような活動的でリズミカルな身体活動がよい

この記事を書いた人

久我山病院 産婦人科病棟