TEL
MENU
キービジュアルの画像 キービジュアルの画像

ブログ

私の宝物。

 母子健康手帳は日本発祥の手帳だとご存じですか?

1942年に妊産婦の健康管理を基本とした妊産婦手帳が作られて、子供の健康記録である乳幼児体力手帳というものもありました。
別々だったこれらの手帳を一冊にまとめたものが母子手帳です。            

1966年に母子健康手帳と名称が変わりました。妊娠期から乳幼児期までの健康に関する重要な情報が一つの手帳で管理され、各種の健康診査や予防接種の接種状況が記録されます。基本的な内容は全国共通ですが、市区町村により多少の違いはあります。かけがえのない子供の成長記録です。

母子健康手帳には子育ての相談窓口も書いてあります。どんな事が書いてあるのか一度きちんと読んでみて下さい。

名前の記入をお忘れなく!

妊婦健診をきちんと受けて大切に保管しましょう!

写真は私が生まれた時の母子健康手帳です。色あせてるし、何しろ古い。歳がばれますね。(笑)今でも大切に保管しています。

この記事を書いた人

久我山病院 産婦人科病棟