• TEL

    診療日:月曜日~土曜日

    但し、診療科によって診療・受付時間が異なります。
    詳しくは外来担当医表をご確認下さい。

  • MENU

キービジュアル

教育体制

病院および看護部の理念に基づき、
豊かな人間性と高い倫理観をもち質の高い看護を提供します。

専門職として、自発的に知識、技術を習得することに努め質の高い看護を提供できる看護師を育成する

  • 豊かな人間性と倫理観を持ち、専門的知識・技術を身につけ根拠に基づいた看護実践能力を養う。
  • 医療チームの一員として、ひとり一人が責任と役割を自覚した行動ができる。
  • 看護専門職として自律性を高め、キャリア開発ができる。

医療人として必要な基本姿勢と態度、看護実践における技術的側面、管理的側面の3つを枠組みとして構成しています。
自分のペースで学習し、段階的に示したクリニカルラダーと連動した目標達成を行い、
一人ひとりにあったワークライフバランスを考えながら成長を支援します

level 0

到達目標

実践 安全・安楽に看護ケアを実践するための準備が整っている
管理 専門職業人としての準備が整っている
教育 他者の意見を受けとめ、成長に向かって歩むことができる
倫理 看護活動が「看護者の倫理綱領」に基づいて実施されていることを理解できる
研究 文献の活用方法を知っている
level 1

到達目標

実践 日常生活援助を安全・安楽に行うことができる
管理 チームメンバーの役割と責任を果たすことができる
教育 学習目標を設定し、自立して取り組むことができる
倫理 「看護者の倫理綱領」を遵守できる
研究 文献や資料などを活用し、ケアの根拠を確認できる
level 2

到達目標

実践 看護過程を踏まえた個別的ケアが実践できる
管理 患者ケアにおいてリーダーシップが発揮できる
教育 教育的役割を意識した行動がとれる
倫理 倫理的問題に気づき、表現できる
研究 疑問を解決するために、看護研究を活用できる
level 3

到達目標

実践 1、自立・権限・責任をもって患者中心の看護が実践できる
2、専門領域における看護実践の役割モデルとなれる
管理 部署の目標に沿ってリーダーシップが発揮できる
教育 部署における教育的役割を担うことができる
倫理 倫理的問題を明確化し、対処できる
研究 看護研究を活用して専門看護を深めることができる
level 4

到達目標

実践 1、高度実践者としてモデルとなり、看護の専門性を発揮できる
2、創造的な看護実践を展開できる
管理 1、部署における課題を明確にし、目標を示しながら変革を推進できる
2、リーダーシップを発揮し、安全なチーム医療を推進できる
教育 部署における専門職としての成長を支援できる
倫理 倫理的意思決定プロセスを支援することができる
研究 研究に取り組み、臨床実践に応用できる
MANAGEMENT LADDER

成果責任

理念
および
目標管理
医療・看護の質向上のために、チャレンジングな目標を戦略的に達成できる
医療の質管理 1、管理業務に関し、革新的な意識をもって、効果的に実行できる
2、他部門・他職種と相互理解を深め、質の高いチーム医療を提供できる
3、継続性のあるケアを提供するために、主体的に地域と連携できる
人材育成 研究に取り組み、臨床実践に応用できる
倫理 部署の体制や職場環境に起因して生じる倫理的課題に対して行動できる
自己啓発 管理能力を高めるために自己啓発を続けることができる

1年目のすすめ方

研修名 研修内容
4月 新入職者オリエンテーション(2日間) 病院職員入職式、病院理念組織、
医療安全・医療関連感染対策
看護部新人オリエンテーション(1日間) 看護部の理念・組織図、看護職員としての心構え、
看護者の倫理綱領
看護部新人オリエンテーション(1日間) 看護記録、嚥下と食事介助・口腔ケア、
酸素と吸引、採血、排泄ケア、薬剤の基礎知識、
IVナース(0)
5月 新入職者オリエンテーション(2日間) IVナース(ステージⅠ)、
輸液ポンプ・シリンジポンプ
6月 フォローアップ研修 (半日) IVナース(ステージⅡ)
7月 フォローアップ研修 (半日) IVナース試験、フィジカルアセスメント、心電図
10月 フォローアップ研修 (半日) 感染、フィジカルアセスメント、
ドレーン管理、輸血療法

プリセプター制度をとっていますが「職場全体で新人を育てる」という姿勢です。
プリセプターは新人看護士が困っている時や悩んでいるときの相談・調整役となっています。
集合研修については教育担当者が中心に研修計画にそって実施します。看護技術に関しては、技術項目ごとに各部署の実地指導者が、それぞれの技術のオリエンテーションと評価を行っています。